合格体験記2 /高槻市の個別指導 高槻松陰塾・MEEK SPEAK

こんばんは!塾長のニルセンです。

 

さて、自慢の続きです。(あと1回続きます)

 

合格体験記1では、学校の学習内容に少し苦しむ子たちの体験記でしたが

次は、学校の授業はまぁわかる~400点超をとるオール5クラスの子たちの意見です。

 

昨年の体験記を見ても思いましたし、思い返せばロンドン時代の

受験生たちを見ていてもそうでした。

 

このクラスの子たちは、常に教えを請いたいタイプではないので

 

自分の足りないところを埋めていく作業を好きなだけ行えること

 

そして、質問したいときはいつでも聞けること

 

そんな環境が必要なのです。

 

1番目、2番目の子が書いている

「わからないところを追求できる」

「自分のペースに合わせてくれる」というのはなかなか他では得られないのです。

 

学校・集団塾ではもちろんカリキュラムがあるので

個人個人が気になるところをじっくり考える時間が取れません。

また、個別指導でもコマの時間数が決まっているため物事の本質まで追求する時間が取れません。

 

でも、勉強とは本来、自分で知識を深めていくものです。

その機会を与えずして受験勉強とは、本末転倒もいいところ。

 

そうやって、勉強の本質を知れた子たちは

第一志望に合格したという事実だけではなく、本当に正しい学び方をも得ることができたでしょう。

 

そして最後の子。この子は大手進学塾とのダブルスクール?トリプルスクール?の子でした。

そのため、この子を通して某進学塾の情報はかなり聞かせてもらいましたが

その内容には疑問点が多くありました。

 

もちろん、大学生のアルバイト講師を使っていない点やカリキュラムがしっかりあるところは

安心感がありますが、規模も大きいため生徒一人ひとりをどこまでケアできているのか

与えられるだけでなく、子どもたちが自ら学ぶ姿勢を作れているのか、という点(特にこれ)

には疑問だったのです。

 

この子の親御様もその事には気づいていたのですが、なかなか大手を辞めるという決断はしにくく、

いざ決断したとしても、あの手この手で引き留められて結局辞められませんでした。

 

そんな彼女が遂に動いたのはなんと入試の2週間前。

 

これも、相当な「賭け」だったと思います。

 

 

私もこの子のことは以前より見ていましたが、明らかに受験前のこの時期は

勉強に対する姿勢が違いました。

最後の2週間の中でも、はじめは何をすればよいかわからない、という状態だったのが

最後には「この範囲とこの単元をやる」と明確に自分に必要なところを自分で見出すようになりました。

 

そして、最も違ったのが、表情。受験直前なのに明るく活発になっていました。

 

今まで、相当押さえつけられてきたんだなと…。

 

 

 

親御様も「もっと早くに決断しておけばよかった」とおっしゃっていましたが

(というか決断していらっしゃったんですけどね…)

結果、無事に合格したので何よりでした。

 

 

実は最近のお問い合わせでも、この子と似たようなお話を聞くことが多くあります。

私が中学生のころなどは確かに大手進学塾一辺倒でしたが今はもう時代が違います。

 

まもなく新学年が始まります。

 

合格することだけ、ではなくお子さまの将来を見据えた学習をご希望の方は

ぜひ、高槻松陰塾・MEEK SPEAKへお越しください!春期講習もありますよ~

072-691-9988

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です