2018大阪府公立高校入試所感 /高槻市の個別指導 高槻松陰塾・MEEK SPEAK

こんばんは!塾長のニルセンです。

 

昨日の公立高校一般入試の問題と解答が新聞に掲載されていましたね。

 

まだすべては見ていないのですが、生徒に聞いた感想と自分で見てみた所感です。

 

 

国語C…漢文登場!これに驚いた生徒も多かったのではないでしょうか?
なぜかうちの塾生は国語が苦手な生徒が多いので、戸惑ったのじゃないかなーと
思っていますが、そもそも古文もそんなにできていなかったので(笑)
漢文になったからと言って大差なかったと思います。

 

数学C…去年よりは解きやすかったようです。求め方を書く問題が二次関数だったのもうちの生徒たちにとっては良かったと思います。

 

理科…予想的中!ですが難しかったとも感じていたようです。個人的に理科の問題は毎年良く作られているなぁ~と感心していますが、今回もそうでした。

 

社会…易しかったです。

 

英語C…最初の文法問題が変化しました!落ち着いて解けたかな?問題数が減って1問2点になっていましたので、「文法はもう捨ててもいいよ」とか言ってたのが誤算。そうは言っても時間配分を考えるとこの先も文法問題がこれ以上増えない限りあまり注力できません。

でも、英検でも3級・準2級で無くなった「語順整序」の問題がなぜ新出したのか謎です・・・。簡単にするため?

そしてライティングはお題が少し書きにくかったと思います。生徒たちが、事前に指導したとおりにできていれば、おそらく点が貰えていると思いますが・・・。

というかもう英語のテストはもっとライティングの分量を増やしてEssayでも書かせれば一番英語力を見極めやすいのに、と思います。10点分というのは少なく感じますね。

という感じです。
うちの生徒たちは英検2級の対策を行っていたので、ライティング、リスニングに対して
あまり対策をしませんでした。そのおかげで入試前は理社に時間を割けたので

これから受験を控える中学生は、ぜひ英検対策を行っておきましょう!
いいことおきますよ~☆

塾長と学べる個別指導のコースは、毎週金曜日のみ、最大3名までのクラスですので
すでに空きが減ってきています。

ご興味をお持ちの方はご連絡お待ちしています。
072-691-9988

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です