ノルウェー人から見たセンター試験 地理Bの問題

こんにちは!塾長のニルセンです。

 

さて、前回の記事で英語について語ると言っておきながら

昨日行われたセンター試験地理Bの内容でネットが盛り上がっておりましたのでちょっとコメント。

 

スカンジナビアを題材にしたこんな問題が出ました。

 

スウェーデンのアニメとスウェーデン語が例示され、それをもとに

以下2つずつのアニメ、言語からフィンランドのものを選ぶ、と言うもの。

ちなみにもう一つはノルウェーです。

 

これ、答えはムーミンとBの方の言語なのですが

 

「ムーミンの出身地なんて知らない!」というツイートが溢れ、

ムーミン公式サイトまでもが言及することになっていました。

 

 

 

確かに、キャラものが好きな子はともかく、そうでない子にとっては

ムーミンの出身地なんて詳しく知りませんよね。

 

そして、ムーミン以外のアニメに関しては私ですら見たことも聞いたことも無いので

今の18歳、19歳の子たちが知っているはずもないでしょう。

 

 

この問題は、ムーミンを知っている子が多少得するという点で

完全にフェアな問題ではないと思いますが、

 

 

 

皆さん、

 

 

 

ムーミンムーミン言ってますが、

 

 

 

 

この問題のポイントは

 

ノルウェーですから!!!

 

 

 

 

 

この問題の解き方は

バイキングのアニメ=ノルウェー、言語Aがスウェーデンに酷似=ノルウェー

(ビッケの方には丁寧にバイキングハットやバイキングの船まで描かれています)

 

だから、その逆がフィンランド、で解けます。

 

 

スカンジナビアの歴史について詳しい地理選択者がどれぐらいいるのかわかりませんし

私自身も地理が大好きだったのですが、当時この問題が解けていたかはわかりません。

 

スカンジナビア3国ってノルウェー・スウェーデン・フィンランドで習いましたけど

これってただスカンジナビア半島の3国って意味で、歴史的な背景を考えるとこの分け方っておかしいんです。

少なくともノルウェー人のダニエルからするとスカンジナビア3国はノルウェー・スウェーデン・デンマークで、

あと1国入れるとすればアイスランド、と答えます。それぐらいフィンランドは近くて遠いイメージなのです。

 

そんな背景を知っていれば、フィンランド語が他の2語と乖離していることも頷けるのですが

それを知らずにただ覚えようとすると難しいですね。

 

 

地理ってこんな風に、たまに奇想天外な問題が出てくるので満点が取りにくいのです。

教科でいうと国語もそうですね。奇しくもこの2教科が得意教科だった私ですが

実際のセンターではダントツ数学が良かったのを今でも覚えています。

それぐらい、満点が取りにくい教科なのです。

 

社会は選択教科なので日本史や世界史に比べて安定しにくい地理は損だとか言われてましたが、

大人になった今、こういう試験は面白いしとても意味のある問題だと思います。

 

教科書の内容が出てくるだけの問題なんてつまらないですし、教科書に載っている内容を使って

視野を広げさせるこういう問題がどんどん出てくるといいですね。

 

また、そうやって培った知識は、その後世界に出たときにとても役立ちます。

私自身も、スカンジナビアの国々はアイスランド以外行きましたが

言語の違いや文化の違いに気づけたのも、遡ると地理という教科だったと思います。

折角世界に出るなら色々な事に気づけた方が楽しさも増しますよね。

 

個人的には、vexillology(旗章学)を独学していますので

今後は国旗の問題なんかもたくさん出ると面白いだろうなと思っています。

 

 

今回の問題に戻りますが・・・

この言語の所にある絵、Bのトナカイはフィンランドってわかりますが

Aのこの絵はノルウェー人にも???でした(笑)

ニッセにもトロールにも見えないし・・・何だったのかわかる方教えてください。

 

 

当塾にはセンター試験の受験生は今はまだおりませんが

先日の我が母校、大阪大学が合格者を不合格にしてた問題や

センターにノルウェーが出てきた!ということなど

最近何かと大学入試とご縁がありそうだったので記事にしてみました。

 

高校入試対策でいっぱいいっぱいの現在ですが、大学入試にも手を出したくなるなぁ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です