私立高校の受験校決定法 /高槻市の個別指導塾 高槻松陰塾・MEEK SPEAK

こんにちは!塾長のニルセンです。

 

本日はいつにもまして納得がいかないことに機嫌が悪いニルセンです。

 

というのは、後期中間テストが終わり結果に一喜一憂している間に

中3生は学校で私立高校決定に関する懇談などが行われたのです。

 

公立が第一志望であったり、特にこれがやりたい!という強い希望がなければ

偏差値をもとに私立の受験校を決めるのはまぁ当然と言えば当然です。

 

私はこの塾では2年目ですが、去年も今年も「どうしてこの子にこの学校をすすめるの?」と言う様な

学校を提案されている生徒がいるのです。

 

そりゃ、本人の能力に合わせて選ぶのですから偏差値ベースでみると合ってる学校なんですが…

 

だって、例えばサッカーをしたい!と言っている子に音楽学校を勧めるようなものですよ。。。

 

その子が本当にやりたいこととか、向いていることとかを本当に見てもらえているのか不思議です。

 

というか、はっきり言って全然その子のことわかっていないのです。

 

学校の先生は何十人も受け持つからそこまで見れない?

でも、子どもたちの一生に関わることですから何十人であろうが何百人であろうが杓子定規で進路を決定させるのはどうかと思います。

 

実際、今年のある生徒はやりたい事がはっきりしています。ですが高校受験の勉強だけでも

いっぱいいっぱいなので、そのまま行くと高校生活を大学受験勉強にすべて費やさなければいけません。

ですが、それがその子の人生において最善なのか?というとそうではないと思っています。

 

やはり、高校は高校で好きなことにもっと時間を割いてほしいと思います。でも大学に行けないのも困ります。

 

更に幸運にも、その子のご両親は「お金がかかるから私立はダメ!」と言った浅はかな考えはなく

公立私立問わずその子が本当に合った学校に行かせたいと思っています。

 

こうなると、好きなことに特化したコースのある学校で、なおかつ大学附属校ならいいなという結論になるのですが

そこに行くには少し頑張って偏差値を上げる必要があります。

 

 

さて、みなさんがこの子なら、どちらを目指しますか?

 

一つは学校の先生に勧められた学校  →今の力で多分合格できるけど全く興味なし

もう一つは塾の先生に勧められた学校 →やりたいことができる学校だけど少し勉強しなくてはいけない

 

学校と塾とで違う内容を伝えると本人は混乱してしまうかもしれませんが

開校当初より通ってきてくれている、大事な大事な生徒の人生に関わることですので

どうしても言わずにはいられませんでした。

 

もちろん、これから受験まではもう2ヶ月ちょっとしかありません。

それでも、本当に行きたいところのために勉強する方が伸びるはずです。

やりたくもないことに向かって一生懸命勉強できる子なんていません。

 

これから入試対策が本格化していきますが、高槻松陰塾では

生徒個人個人の志望校に合わせて学習内容を変えています。

今年も皆が志望校に合格しますように、最後まで一緒に頑張っていきます。

 

 

生徒一人ひとりにしっかりと向き合う高槻松陰塾では、無料体験を随時行っております!

お気軽に以下のフォームまたはお電話(072-691-9988)にてお問い合わせください!

 

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文

あぶのカーニバル/高槻市の個別指導 高槻松陰塾・MEEK SPEAK

こんにちは!塾長のニルセンです。

 

先日、土曜日にはあぶのカーニバルにおじゃましました。

 

阿武野中が試験前なので、自習に来ていた中学生もいたのですが

小学生の生徒さんが演奏するという事でしたので

中学生も引き連れて行ってきました。

 

PTAの皆様や学校の先生方が協力して創り上げていらっしゃっていました。

 

 

 

そしていよいよ明日から阿武野中学では中間テストです。

回を追うごとに準備の時間が増えていて見ていて頼もしいです。

 

 

中間テストが終わるといよいよ次は冬期講習です。

 

夏期に比べて冬期講習は1週間程度しか時間が取れないのですが

中3はここで弱点克服や受験対策に努めます。

小学生~中2は学校の授業がストップしている間に復習をして

学年末・チャレンジテスト対策を行います。

 

外部生も大募集しています。

詳細はまた近日中にHPにてお知らせいたします :)

生きにくい国 /高槻市の個別指導 高槻松陰塾・MEEK SPEAK

こんにちは!塾長のニルセンです。

 

さて、先日世界の男女格差ランキングが発表されていました。

うちは日本のテレビがないので、TVメディアの報道がどのようなものだったか分かりかねるのですが、分かり切っていたこととはいえショックです。

↑BBCより拝借、TOP10とWORST10です。

 

上位の国々は北欧。そこに食い込むルワンダは確か女性が政治に積極的に参加している国。

 

この順位は教育や健康、政治や経済活動など様々な指標から出されるランキングです。

日本は特に政治の分野や賃金の格差などが足を引っ張り順位を落としました。

 

その順位は・・・114位

 

調査した144か国中114位・・・ひくぐらいの順位です。

ちなみにその下に並ぶのはイスラム諸国を中心とした国々。

 

私もイスラム諸国に関してやイスラム教の考えに関して明るくないのですが

宗教的な考えがないのにここまで順位が下がる日本ってある意味すごいですよね。

 

何がすごいかって、男性が男尊女卑な考えであることだけでなく

多くの女性が、それを良しとしていることです。

 

日本に居ると「社会進出したいのにできない」女性だけではなく

「出来れば働きたくない・責任のある仕事はしたくない」という女性の割合が多く感じます。

 

寿退社、なんて言葉は英語にはないので…

 

1億総活躍なんとか、と掲げるのであればこのあたりの考え方を変えていくことから

始めるべきではないでしょうかね。

 

私の頃もそうでしたが、いまだに「女の子なのにそんなに勉強頑張らなくても」という事を言われる方がいるのも事実。

 

幸いにも私は大学に進み、良い家族や友人に恵まれてこれまでしたいことを自由に行ってきました。

学校で習った知識はキャリア形成に一見不要に見えますが、そうではありません。

例えば、海外で暮らして外国人と話すには英語ができるだけではなく

相手の国のバックグラウンドを知ることや、共通の話題を持っておくことは

関係を深めていく上でとても助けになります。

 

これからの将来を担う子どもたちには、日本の中だけを見ずに世界と日本では

どれほど違うのか、そういう事も知ってもらえたらなと思います。

そうすることで、この順位の恐ろしさにも気づくことができるでしょう。

 

現在、高槻松陰塾・MEEK SPEAKには世界ランク2位!ノルウェーのダニエル先生をはじめ、アフリカや中東から来てくれている先生もいます。

 

高槻に居ながらにしてこんな多様な国籍の方と触れ合えるなんてなかなかないチャンスです!

(むしろ私はロンドンでもこれらの国の方と出会えませんでした)

 

せっかくなので、これらの先生たちとたくさん触れ合って色々な文化を吸収してくれたらなと思います。

 

 

視野を広げる環境を /高槻市の個別指導 高槻松陰塾・MEEK SPEAK

こんにちは、塾長のニルセンです。

 

先日、天王寺のとある教会で行われた音楽劇を観に行きました。

内容はキリスト教ではなく、第二次世界大戦後に言論統制が行われていた時代の台湾で

言論の自由を求めるために活動していた鄭南榕(てい・なんよう)氏に関するものでした。

 

私自身、台湾には「グルメもおいしそうだし千と千尋の神隠しで有名な

九份とかも見てみたいな~」ぐらいの気持ちでしたが、

そんな風に日本人が気軽に訪れることができる台湾が民主化するまでに

壮絶な戦いがあったことなど知らずにいた無知さを恥じました。

 

楽しいことだけ、今の平和な側面だけを見ておくのもいいですが

本当にそれだけでいいのか、と思わせられます。

 

この話などは、学校や塾の勉強をしているだけでは知りえないことだったりします。

 

今回こちらの音楽劇には、先日知り合った保護者様に教えていただき行くことができました。

お子様が出演されていたのですが、感受性が豊かなうちから様々なことに触れ合える

環境をご用意されていることに感激しました。

 

子どもは周りの大人の影響を受けて成長します。周りの大人が好奇心を失うと

子どもも好奇心の薄い子になってしまいます。

 

新しいことを知る、という事に喜びが見いだせない人生なんて寂しいですよね。

 

一般的に、親の学力や収入と子どもの学力が比例すると言われていますが、

これは遺伝子レベルの話だけでなく、子どもが与えられる環境も大きな要因です。

 

中学生にとっては「〇〇高校に受かること」が目先の目標になるのが当然ですが

それだけしか見えていないことは問題ではないでしょうか。

 

「将来の夢」を聞かれて答えられない子はごまんといます。

「どうせ勉強なんて役に立たないし」とか「英語なんてやってもどうせ海外になんて行かないし」なんて子も多くいます。

 

そんな寂しいことを言わせないよう、私も子どもたちと身近に触れ合っている大人の一人として様々なものを目にし、知る努力を忘れないようにしなければと思いました。

 

 

セミナーに参加してきました /高槻市の個別指導 高槻松陰塾・MEEK SPEAK

こんばんは!塾長のニルセンです。

 

本日、とあるセミナーに参加してきました。

 

朝から南方まで…

南方・新大阪エリアと言うと、私が以前勤務していた会社があるところ。

懐かしいなー、なんて昔のOL時代を思い出しながら電車に乗っていたら

柴島(淡路から分かれて天下茶屋方面へ向かう路線の駅)についてしまい

遅刻するという大失態。

 

更に帰り道も半分迷いながら戻って来ました。

大分昔のこととはいえ、毎日通っていた場所なのにこんなにすぐ忘れるものかなー

 

これじゃ、生徒が公式などをすぐに忘れても責められないな、とか勝手に反省。

 

ともあれ、そのセミナーでは

 

学習塾のあるべき姿とはどのようなものか、

子どもたちにとって一番良い学習方法は何なのか、

自分はどんな塾を創り上げていきたいのか、など

 

色々見直すいい機会になりました。

 

 

当塾はまだまだ歴史も浅く、試行錯誤な状態が続いています。

 

私個人でいうと、ロンドンでの指導法と違う点もあり戸惑うこともあります。

 

もちろん、ベストな指導方法と言うのは生徒一人ひとりひとり違っていて、

全ての生徒に合わせることは難しいかもしれませんが

今ここにいてくれる方、そしてこれから通おうと検討してくださっている方のために

近い距離で応援できるような塾作りが出来るといいなと思います。

 

高槻市の中学校ではそろそろ中間テストに向けて対策が始まります。

また、中学3年生は、実力テストが終わったそばから中間テスト、

平行して受験勉強と忙しい時期に突入していきます。

 

これまでより勉強の体力がついてきて、皆家庭学習量や塾での自習量が増えています。

このタイミングでご入塾いただいた方もいます。

 

中3生はこれから受験勉強が本格的になります。

中2は少し中だるみや、成績が停滞しがちな時期です。

中1は特に英数の難易度がぐっと上がりだす時期です。

 

どの学年も、塾に行こうかな…行ったほうが良いのかな…と思っている

今がチャンスです!こちらも今一度気持ちを入れ直して最大限にサポートしていきますので

お問い合わせはお気軽に :)

 

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文