英検結果 /高槻松陰塾・MEEK SPEAK

こんにちは!塾長のニルセンです。

昨年、英語力に関するこんな記事を書いていましたが

当の私が英検未受験だという事もいかがなものかと思い

受検したことはこちらの記事でも書かせていただきました。

 

英検の評価方法は2016年度より変更となり

CSEスコアというものが導入されました。(詳しくはこちら

 

気になる私の結果と共に、CSEスコアについても見ていきましょう。

 

どん!

 

不合格!笑

 

 

そして名前のスペリングが違う!笑

 

英語のテストなのに!笑

(クレジットカードもそうですが、自動でカタカナから英語に直すの辞めてほしい)

 

 

結果は予想通り、リーディングがボロボロという結果でしたが

初めての受験で、しかも対策していない割には、まぁまぁかな。

 

というか、あと6点で受かってました!

 

英検は、IELTSなどと違って、一次試験をパスしなければ

二次のスピーキングにたどり着けないのですが

もし、一次で4技能を全て受けられれば、きっと6点ぐらいは

スピーキングでカバーできたのになぁなどと、タラレバ言ってみます。

 

CSEスコアになって、こんな感じで自分の不得意なところを

理解できるので、わかりやすくていいと思います。

 

あと、まさかとは思っていましたが、もしかすると

準1級のレベルにも達していなかったりして…とかもこの結果で判断できます。

準1級レベルは1792点ですので、それ以上あれば準1級の力はあると言えます。

 

(まぁ、私のように初めての受検で1級を受けるようなよくわからん人は

なかなかいないでしょうし、こんな判断はCSEスコアでする必要はないでしょうが…)

 

合否判定だけでなく、このように数値化されると

つい更に上のスコアを目指して、何度も受けたくなりますね。

 

 

うちの生徒たちも、受かった子もいますがあと一歩だった子も。

受かった子は次の級に向けて、そしてあと一歩だった子もこのスコアを見て

「あぁ、あとちょっとだった」

「もっとできてないと思ったけど意外と点数が高かった」などと

悔しさと驚きとが混じった反応をしていました。

 

今回はどの子も、現在の実力よりもやや高めのレベルを受検していましたので

次回こそはもっと合格ラッシュになるかなと思います。

 

次の英検は、夏休みを挟む上に中間テストの後ですので

準備が一番しやすい回となります。

 

ただ、それでも2級以上となると一週間に100個~200個の単語を

今から覚えなければ間に合いません。

 

 

私ももちろん次またリベンジしようと思っていますので

 

英検取得を目指す方は、ぜひ一緒に高槻松陰塾・MEEK SPEAKで

頑張りましょう!!

 

お問い合わせは 072-691-9988 または以下のフォームよりお待ちしています。

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です